昼ドン in 甲府レポート

 

日 時:2014年7月4日(金)13:00~14:00
コース:山梨県甲府市(甲府駅北口 を出発し東側から
武田神社へ)
天 候:曇り時々雨
今回の昼ドンは降水確率70%以上でしたので
事前に中止にいたしましたが
なんとか持ちそうな天気でしたので
レンタサイクル

1

まずは甲府駅北口の東側から武田神社に向かって
小川(正式名称はわかりません)に沿って上流へ。
小川に向かったドンツキをめぐります。

その①
こちらのドンツキは
なだらかな坂を降りたお宅の裏に
小川と緑があります。

小川へ続くドンツキ 2

その②
住宅街の車が通る比較的大きな道から突然、
細いドンツキが現れます。
こちらもなだらかな坂を降りたお宅の裏に
小川と緑があります。

突然ドンツキが出てくる

その③
こちらもなだらかな坂を降りたお宅の裏に
小川と緑があります。
そして日の出のようなガスタンク?
が見えます。

ガスタンクが見える

では一箇所小川の方まで進んでみたいと思います。
こちらも住宅街の車が通る比較的大きな道から突然、
細いドンツキ。

突然ドンツキが出てくる 2

季節がらの紫陽花。
ちょっとジプリちっくなドンツキでした。

地図では繋がっていないのですが... 3

ノーブレーキで自転車を走らせると
ジャッキー映画のような感じで
川へ飛び込みます。

地図では繋がっていないのですが... 2

振り向くとこんな感じです。

鉄パイプと切りかき 1

途中の鉄パイプでできた手すりと
階段?滑り止め?の段差がスキです。
月島でもこのような光景を見かけました。
作った人の温かみを感じます。
今後もツアーの際は探して行こうと思います。

鉄パイプと切りかき 2

さてさて
「ここまで一度も小川を見ていないが
本当にあるのかい?」
というご意見も聞こえてきそうなので
ドンツキじゃないところからの撮影が
こちらです。

心地よい下り坂を下ると。

小川まで

やっと会えたね小川さん。
結構細いね小川さん。
でした。

kkawa

 

では続きまして
もう少し東側の愛宕山麓に移動します。
山に向かったドンツキです。

ドドーンと山です!!
今回の昼ドンでは
アシスト自転車さまさまでした。

それではお一つ登ってみます。

愛宕山に向かって 3

登り途中の写真からも坂が結構きつかったのが
わかるんじゃないでしょうか。
そして頂上は犬が待ち受ける犬ドンでした。。。

斜めの坂

それではお待ちかね
登りきった人だけが味わえる
頂上の景色はこちら!
・・・曇っていますが空気はキレイです。

あいにくの曇りですが空気はイイ!

または回遊型で、もう片方の坂は
スキージャンプコースのようでした。

回遊型 スキーのジャンプコースのようです。

 

小川→山と来たらやはり甲府といえば盆地です。
いくつか気になったドンツキをご紹介。

並んだ同じ形の家の間に駐車場ドンツキ。

等間隔

甲府にもあった電柱ドンツキ。

電柱ドンツキ

路面が白いので
なかなか溶けない雪のようなドンツキ
(私は結構スキです。)。

なかなか溶けない路地の雪のようです。

ドンツキでよく見かける独特のオブジェ
今回は
【ショッキングピンクに塗られた七人の小人?】と
【ショッキングピンクに塗られたゆるいシーサー?】

color

ご覧いただき ありがとうございました。
雨が振りそうでひやひやしながら
そそくさと昼ドンを行いました。
2時間も周れなかったのにこれだけ
おもしろいドンツキがあったのは嬉しいばかりです。

まだ甲府にはヘリンボン型やフォーク型(真ん中が通れる)
などおもしろいドンツキがあるようなので
機会があれば再調査したいと思います。

文・フジシロ

平日の武田神社 2

〜今回の調査エリア〜

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中