ドンツキ妖怪絵巻

「墨東のどんつきには妖怪が棲んでいる」
そのウワサを聞きつけたドンツキ協会では、様々な場所や状況の中で、
事物に宿る幾多の妖精・ゴブリンを見つけ出してきた、
ゴブリン博士・小中氏を招いて調査隊を結成。
墨東のどんつきを巡りながら、隊員の目撃談をもとに、
そこに潜む妖怪の正体に迫った。

妖怪どんつき絵巻

妖怪どんつき絵巻

〜妖怪どんつきの紹介〜


youkai-daigoro

D五郎(だいごろう)

夢の国からやってきた
ネズミの妖怪。
天敵のネコを避けるため、
焼酎のペットボトルを
たくさん用意しようと、
ひたすら焼酎を
呑み続けており、
物干し台型の足は
千鳥足である。


youkai-ichinoni

1の2(いちのに)

某ヒゲの配管工の冒険に出てくる地下ステージに似た
どんつきにくらしている。
日陰暮らしの暗さと
時に差す太陽の陽気さをあわせもっている。
そのくせ親分肌で面倒見がいいのか、
地元の子ども二人を足下にひき連れている。
近所に暮らしている雷様とは従兄弟にあたる。


youkai-ittan

一反友禅(いったんゆうぜん)

建物の間の細い路地の隙間に揺らいでいる
江戸友禅染めの妖怪。
路地をぬって届く夕日に涙を誘われる純情派。
好物は柿。


youkai-jamaika

蛇舞香姐さん(じゃまいかねえさん)

料亭街のアイドルでもある、妖怪どんつきの紅一点。
おしゃれなドンツキに棲む個性派おしゃれ姐さん。
髪型がドレッド型サボテン、額は着物で飾る。
墨堤の桜
隅田川の花火
X字型の桜橋など、
地元名物へのこだわりは強いようだ。


youkai-kaminari

雷様(かみなりさま)

道がジグザクになった、
カミナリ型ドンツキに居を構える。
雨が多い場所のため、
体が苔で覆われている。
カミナリの電気で動く吸引機で、
道ゆく人は吸い込まれるように
どんつきに引きつけられる。


youkai-karei

華麗どん(かれいどん)

商店街の通り左右にどんつきが連なる
ヘリンボン型ドンツキにひそんでいる、
カレイのホネの妖怪。
ホネの付け根は
それぞれ商店街のお店となっており、
まだまだお店はがんばっている。


youkai-sakura

桜ん坊(さくらんぼう)

お墓に囲まれた
ドンツキの公園に
ひっそりと花を咲かせる
桜の木の精。
まだ赤ん坊で
お気に入りのよだれかけは
盆栽になっている。
淋しんぼうなのでお花見に来てあげると
喜ぶだろう。


youkai-sukai

空樹入道(すかいつりぃにゅうだう)

生まれも育ちも下町のくせに、
セレブを気取って、いつも上から
見下している、唯我独尊な性格。
地元のためには働こうとせず、
地元民の失望のため息が動力。


youkai-tosen

途を戦坊(とおせんぼう)

道の真ん中をふさいで通行の足止めをする
電柱の妖怪どんつき。
釣りが趣味だが、自分の任務に忠実な戦闘タイプ。
とげの生えたしっぽが武器。


youkai-yamata

八岐大蛇(やまたのをろち)

いくつにも枝分かれした
ドンツキに生息する大蛇。
いくつもの頭をもち、
頭の集まる場所では、
井戸端会議が開かれている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中