ドンツキ分類学-形状

どんつきに名前をつけよう!

どんつきの多くは名もなき通路であり、
目の前にあるどんつきが一体どのような特徴を持ったどんつきであるのか?
それを言い表す方法が定義されていません。
当協会では、町に無数に散見されるどんつきを観察し、
その形状の分析や主観的な評価等によって幾つかの種類に分類化する試みを行いました。
それによりどんつきに対する概念の共有化を図る。それがドンツキ分類学のねらいです。


01chokushin

直進型【ちょくしんがた】

いわゆる基本的な形状。
当然最も数が多く、たいがいのどんつきはこの種類に属する。
しかし長さや太さ、新旧に至るまで種類は千差万別であり、必ずしも単調であることを意味しない。


02sakibosori

先細り型【さきぼそりがた】

先細り型は、通路の幅が奥地で細まってゆくタイプ。
勘が働けば、どんつきへと至る前兆として察知することができるであろう。


03sakibutori

先太り型【さきぶとりがた】

先太り型(末広型)は、通路の幅が奥地で広がっているもの。
その広がりにおいて神社が祀られていたり、古井戸がある等、特別に意味のある空間である事例も多い。


04genko

ゲンコ型【げんこがた】

奥地で広場が形成される場合はゲンコ型と呼ばれる。
計画都市などで散見される、車転向可能なクルドサックもこれに属する。


05sakiore

先折れ型【さきおれがた】

先折れ型は通路が奥地で折れ先がよく見えず、その先が別の通りへと通じているものと思わせるため、どんつきか否かを前もって判別するのが困難である。


06choji

丁字型【ちょうじがた】

丁字型は、突き当たりで左右両側に撞木(とんかち)状にどんつきが分かれるタイプ。
通り抜け可能と思い込んまま入り込んだ場合のがっかり感は倍増される。


07kagimagari

鉤の手型【かぎのてがた】

角型が連続したものが鉤の手型。
昔は敵兵の侵入を防ぐために城下町や宿場町で用いられた地形であった。


08bunki

分岐型【ぶんきがた】

分岐型は、最初に進入した通りの途中で通りが分かれ、子ドンツキ、孫ドンツキへと派生してゆくタイプである。


09tree

ツリー型【つりぃがた】

分岐が複数にまたがって、規模が膨大となったものはツリー型と呼ばれる。
このようなどんつきの中でさ迷うさまは、お釈迦様の手の平で踊る孫悟空さながらである。


10herringbone

ヘリンボン型【へりんぼんがた】

一般的な通り抜け可能な道の両側にどんつきが連なるタイプはヘリンボン(魚の骨)型と呼ばれる。


11kyokusen

曲線型【きょくせんがた】

湾曲した通路は都市部では一般的ではないが、ほんの僅かなカーブによって見通しが遮られ、進入時にどんつきか否かの判別ができない場合も散見される。
未舗装のためなどにより、通路の形状が不鮮明である場合は不定形型に分類する。
住宅地図にも記載されていない場合もあり、現地において初めて見つけられる事もあるようだ。


12demodorius

デモドリウス型【でもどりうすがた】

古代ローマの探検家、デモドリウスにより提唱された、進入したのち、通路を回遊した挙句、元来た通りと同じ側へ出てきてしまい、結局遠回りさせられるタイプを指す。
通路の間口と奥行きの長さの比によっては、どんつきと呼べないのでは?と古来より、その是非を巡って論争の的となっている。


13matador

マタドール型【またどーるがた】

一見、通り抜けられなさそうで、実際に訪れると通り抜けられてしまえるさまをスペインの闘牛士に例えて表される。
厳密にはドンツキの定義から外れるが、当協会としては捨てておくには惜しい存在である。


14shinkiro

蜃気楼型【しんきろうがた】

通路の先に道が見えているにも関わらず、通り抜ける事のできないもの。
もしくは、地図上では通れるはずなのに、諸々の事情により、実際には通り抜ける事が困難なもの。
股通る型とは対をなす存在である。

ドンツキ分類学-形状」への4件のコメント

  1. 「タモリ倶楽部」で今拝見しました!!(^∀^)
    いろんなドンツキの型が描かれたフリップが画面に登場しましたが、その中に「?」のような形の道がありましたよね。あのドンツキの型の名前が見えなかったので、紹介を待っていたのですが、ちょっとよそ見した隙に紹介が終わったようで、結局名前が分からないまま番組が終わってしまったのです。
    分からないままだと気になるので、「ドンツキ協会 ツリー型 ノギス型」で検索してみましたが何もヒットせず、続いて「ドンツキ協会」だけで検索を掛けると、ようやくこちらのサイトが見つかりました。そして、サイト内を、検索掛けたりウロウロしたりすることで、遂に「曲線型」だと突き止めた次第であります。ホッとしました(^-^)
    ドンツキ、面白いですね。ワタシの住む千葉県八千代市の住宅街もドンツキだらけで、よく近道を捜しては道に迷っております(^∀^;)
    これからも精力的に活動をお続けください!

    • はじめまして、ドンツキ協会の齋藤です。
      番組をご覧いただけただけではなく、
      このようなメッセージをいただけ、大変感謝しております。

      番組の中で私どもドンツキ協会の本当の趣旨が
      どこまでお伝えできたか不安で望んだものでしたが、
      応援のメッセージ、ありがたく拝受いたします。

      実は私ども八千代市とはご縁があり、
      理事のフジシロが八千代市の学校卒で、
      私も妹家族がそこに移り住んでおります。
      あいにく、協会設立以前のご縁のため、特にドンツキを探したことがなく、
      あまり見かけた記憶もございませんので、
      もし気になるドンツキがあるようでしたら伺ってみたく存じます。

      遅くなってしまいましたが、ご返信までに。

      ドンツキ協会 齋藤佳
      https://dontsuki.wordpress.com
      http://www.facebook.com/dontsuki

  2. 「タモリ倶楽部」見て検索してきました、
    興味深く拝見しました、少年心や冒険心が擽られ面白かったです。
    我が家もプチドンツキでして 5軒でコの字型を形成しておりまして 真ん中に住んでおります、
    面白いのは人ではあまり無いんですが、車やバイクは予測でシュッ入ってすぐブレーキしてバツの悪い顔をしてバックしてます、裏道っぽく見えるのかよくある、あるあるです。

    当方、神戸に住んでおりまして震災前はドンツキばかりでしたが震災により区画整理の果てに少なくなって行きました、寂しいですね。

    これからも活動頑張って下さいね!

    • tonoさま
      はじめまして協会の齋藤です。
      お書き込み、ありがとうございます。

      ご覧いただけました通り、この日は記録的な大雪で無念のロケ中止、お天道様には逆らえませんが悔いが無いかと言えば嘘になる、そんな状況でございました。

      神戸へは、別の番組のために調査したことがございます。斜面地などの地形のドンツキを狙いましたが、さすがに平地の中心街は厳しかったですね。
      一般的にはドンツキは無いほうが良いわけですから、複雑な気分ではあります。

      応援ありがとうございます、
      これからも地道にがんばります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中