ドンツキ歌謡


どんつきを歌った歌謡の数々。
曲名をどこかで聞いたことがある気がするのは、多分気のせいです。


『どんつきゴロゴロ』

作詞 サンノニジョウ

♪ どんつきゴロゴロ ドンツキコ
路地裏迷って さあ大変
ノラ猫出て来て こんにちは
その先 行っても 抜けないよー ♪
♪ どんつきゴロゴロ わからずに
しばらく奥まで 入ったが
やっぱりその先 抜けない!と
泣いてはまわりを 困らせた ♪


『路地のどんつき』

作詞 サンノニジョウ

あるひ 路地のなか
どんつきに であった
はなさく もりのみち
どんつきに であった
どんつきの そのさきにゃ
おじょうさん 行けません
モドレヨ サッサッサのサ
モドレヨ サッサッサのサ

ところが どんつきが
先にも 出てきたよ
ドコドコ ドッコドッコド
ドコドコ ドッコドッコド

おじょうさん おまちなさい
ちょっと ひとんちよ
細い 路地裏の
ちいさな 庭だった

あら やだわ ありがとう
迷った うたいましょう
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ


『どんつきでも』

作詞 サンノニジョウ

僕が選んだ小道が 思うより合ってるかい?
誰かに聞かなきゃ 不安になってしまうよ
旅立つ僕の中で ちかったあの場所は
古ぼけた突き当たりの すみにある家だから
あの路地だらけの向島じゃ たどり着けないのは
子どもでもニャンコでもなく 僕かもしれないけど

どんつきでも どんつきでも
僕が僕らしくあるために
「行ける道はどこか?」
聞けるきもち だきしめてたい
どんつきでも どんつきでも
迷い探し続ける日々が
答えになること 僕は知ってるから

もしも他人(ひと)の敷地に 知らずに入っても
絶対ゆずれない 法がそこにはあるよ
”昔は行けたはずね”と 先へ進んでみたら
セーコムアルソック 警備保障は嫌だから
すごく行きたい 辛い気持ち
抱えていても
どんつき前笑ってみる 白い目が突き刺さる

どんつきでも どんつきでも
家の間きゅうくつそうに
落ちて行く夕陽に
焦る気持ち溶かして行こう
そしていつか地元民から
正確にたどり着く道を
自分の力で聞いてみせるように

どんつきでも どんつきでも
僕が僕らしくあるために
「行ける道はどこか?」
聞けるきもち だきしめてたい
どんつきでも どんつきでも
迷い探し続ける日々が
答えになること 僕は知ってるから